FC2ブログ
ニギニギ・イラスト&カラーセラピー・タオライアー 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねぶたのいろいろ



なんとなくひきつづき
ネブタ話です。
今度はこころの話ではなく、ネブタの話
しかも、全編ひとりごと。^^;;









「ネブタ祭自体が 規制に規制を重ねて 今では色々とベツモノ」


これはきっと世代がいっしょか上の人、
あるいは当時子供でその頃のネブタを知ってるひとなら
みんな感じてる事だと思うけど。。

 

もうずーっと
(なんだこりゃあ。。)とポカンと観ていて、

跳ねてもつまらないし
(こんなのオイラの知ってるネブタじゃないやい、と思ってしまい、
脱力するというか、つまらない)


かといって何をするでもなく
クマさん相手に「ああだ、こうだ、」と語ってみたり。。


純粋に楽んで「ネブタ観る」ようになったのは、
ここ数年って感じです。


それでも、毎年必ず
「なんだかな〜〜」と諦めきれず
ついつい、ぐちぐち言ってしまうポインツもいくつかで、、

それも、今では「赦しポインツ」と変化して 
赦しているうちに、手放すうちに、

今年は跳ねる流れになって、
跳ねたら楽しくて驚いたんだけど。。










ネブタが終わって、
fbでも話題にあがってるのを見かける。

タイムアタック・パレードという言葉が目に入って、
なんてピッタリな表現だろうと思いました。
(TT)))


予め道路にネブタとハネトが待機していて、
時間が来ると動き出し、
同じルートをぐるぐる回って、時間が来ると終了〜という、
一斉スタート一斉解散する
「ぐるぐる運行」になって既に久しいけど


本来は、

夕暮れの道路はからんと静まっていて、
ワクワク待っていると
遠くから、まず子供ネブタがきて〜
凱旋太鼓がきて〜大型ネブタがやっと来る。

1台ずつ順番にネブタが出陣していく「吹き流し方式」です。
これは、ハネトが多くて盛り上がるほど、時間がかかります。

かかってもいいじゃない。
下北の五社別れなんて夜中までやるじゃない。
地元民が熱くていい祭りじゃないのー。




津軽弁の、
「おっきいネブタっこ後がら!」というのは、ここからきてます。

まぁまぁ待て待て。
おっきいネブタっこあどがらだぉん!



グルグル運行になった当初は
まだ明るい中に、
道路の真ん中に「魂っこ(=灯)」も入っていないネブタが置かれて
「ぼ〜っ」とネブタが時を待つ様子が哀れというか

それもだんだん慣れてきてしまうけど、、、






。。。あれ、なんか書こうとした主旨と
違うとこで熱くなってしまった。。。






時間内に終わる、という事が重視されてるので
規制に規制が規制されてグルグル巻きです。
今年はとうとうハネト数の規制まで。びっくり

今ではすっかり、
ハネトは「ロープの中でズルズル歩く群れ」で
観客とはずいぶん遠い、オマケみたいなものになってしまったけれど


私が子供の頃は、
ハネトというのは超カッコいいもので、
憧れの対象でした。
ネブタと同様、食い入るように観るに値するものだった。


わーっと輪になって、ハネトたちが一斉にしゃがんで、
ラッセラーのかけ声で、
「尻に爆竹」的にみんな一斉に跳ねる、、、というのも
昔はよく見る光景だったけど
(もしかしたら、今それやったら出されるのかもしれない。
ていうか、そんな事する場所がない。)




そもそも、
跳ねてる人が、みんなで変な跳ね方するようになったな、、

若い子たちは、マイクで誘導されないと跳ねれないのかな、、
き、企業名を叫んでる、、、汗
マイクの音頭、囃子の邪魔だな、、

時代が変わってネブタも変わっちまったなぁ
おいちゃんには、もう解らねえ。。
ネブタだけは、変わらず美しいから、良かった。。。





とか、
去年までボンヤリ思っていたのですが




今年、100年ぶりに跳ねてみて知ったこと。




先に書いた、
「それでもやっぱり、いくつかアキラメきれないポインツが」
というのは


・ラッセーラー、のかけ声が変わってる
(よさこい的??TVの演出でもよく流れる変なリズムの。
これを観光客の方はもちろん、観ている子供達がおぼえて、
そういうものだ、と真似して増えるという逆輸入的なシステムのようです。)


・不思議な跳ね方だ


という点で、かけ声に関しては
拡声器やマイクもった大人が叫んでいたりするので
「あぃだばまいねじゃ」と実家の宇宙人パパも毎年嘆いてる。。


だったのですが




跳ねてる最中、
盛り上がって上手に跳ねている人達が
ラッセえらぁあ、らっせぇらぁあ、と叫ぶのを聴いていた
(多分、他県のネブタ大好きさん^^ )

弘前のAちゃんが
「なんかおがしぐね?なにこれ。」と言うので、笑

二人で、彼らの声とかぶせるように「ラッセラー」と叫んでいたら 
しばらくたったら、なんと!
彼らもいっしょに、ちゃんと「ラッセラー」になってた!



若いハネトさん、あるいは観光ハネトさんたちも、
後ろの方で跳ねている私たちを、
何度も振り返って見ていて、そのうちに、
真似して一緒に跳ねだした 

@@





そうか。
「そうしない」という意図があるとかじゃなくて、

単純に「知らない」「見た事がない」のだな〜〜!!

目からウロコばらばら

@@





(。。あっ。
これは、、兄さんが言うのと少し似てる。。。
実相世界を知らない私たちが、今あるものを抱きしめて
『もっと楽しいのあるよ〜』って言われても、見るまでは信じないという、、)






知らないだけなら、
見せてあげたらいいんだ、と思ったことでした。

これもまた、
先に与える という事と同じで

楽しいな!楽しいね!をこちらから延長させていく
そうしたら、
どんな状況でも、きっとみんなで楽しめるし、
それは必ず、更に延長されてく筈です。




私たち楽しいから、
それでOK、でも全然いいのだけど


何かが一周まわって
出来ることはしたらいい。と思うようにもなった。

ネブタつまんなくなった。っていう兄弟が多いのは
同時に それはまだギリギリ、
「ほんとはもっと楽しいのに」って知っている兄弟が多い、って事を
表しているのだし、
兄弟が喜ぶことなら、出来ることは少しでもしたらいい。




ロープや、不自由さ、
ハネト追いやられ感、閉じ込められ感の中、
なかなか 思うように跳ねる事すらママならぬだけど。。。

(私たちは花笠なので後ろにいたから、まだ空いてるけれど、
前の方ではとても無理。
グルグル回っているので、後ろから常に追いやられるけど
ロープで幅も制限されているのでどんどん狭くなる)


それでも、
体いっぱいに囃子の音を響かせて、
歓びを放出してくことは、きっと出来るはず




何とかしよう!というスタンスではなくて、


まずは赦しをして兄さんに任せつつ
しっかりと決断の主体に戻って、聖霊を選択しながら
そこからの視点で、
思いついたことがあれば、思考はさまずやれたらいいなあ。
鈴のときみたいに。
(きっと兄さんはそれをまたレッスンにしてくれるな〜、笑)





。。。なんつって。
来年には忘れてアホアホしてるかもだけど!笑







あ、そうそう
今年、跳ねてみて初めて知ったことまだある。



いつの間にか、
たすきやお腰などが 全部ポリエステル100に変わってた。
(。。今知ったの、、?って感じなんだろうけど、汗)


衣装を持ってないクマさんの買い物につきあって初めて知った。

普通にデパート前とかで売られてるものは、
全てがポリ100で、これは、凄く衝撃的だった。

宇宙人ママに、
『そんなのどっちでもいいじゃん』って言われてしまったが 笑

なんかコレはすごく大事な事に思える

若い娘さんとかが、流行りでそうする事はあってもいいし、
あった方がいいと思うけど

それしか無いって、、
年に一度、地元のお祭りで着る衣装が、
本物じゃなくなって普通、ってさみしい

手触りから伝わるもの、
洗濯やアイロンの手間ひまから伝わるものって絶対あるよ。
楽なものが「主流」になってもいいけれど、
消えてしまっては、取り戻せなくなってしまう。


さみしいぢゃんかーー!

って叫んでいたら、
夜店通りの呉服屋さんが、一軒だけ健在だという事を知った。
 
嬉しかった^^
残って欲しいね。














。。。ネブタに関しては
なるべく書かない、話さない、と決めていたのに
何だか書いてしまった。。。

(エヴァの話はあんなに無駄にしつこく語る癖に何を。。)
関連記事
スポンサーサイト
夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

tfc516

Author:tfc516
リアンノン~rhiannon~(旧まるたか商店)の制作日記。制作してないグデグデ日記も。どうぞよろしく。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。