FC2ブログ
ニギニギ・イラスト&カラーセラピー・タオライアー 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
案ずるな、妹よ。


先週末、

無事に舞台も終わりました〜♪

よかったー。転ばなかった!笑

立つ時にマイクにタオをぶつけなかったし、

えらーい!(笑)







考えてみたら、、、


わたしがタオをひくときって

お客さまが1人でも10人でも、

みんな基本的に横になって寝てるし。。笑



お客さまが横になっていない時でも、

みんな目を閉じて聴いているし。。。



音、を聴いてもらうのであって


演奏している私が見られる、ってことは

普段、無いんだよね。。

誰も見た事無いんじゃないかしら。。

@@;




それが、スポットライト当たって

みんなが私を見てるなんて

なんて恐ろしい。。。




って子羊のように怯えていたら



本番、

会場まっ暗で何にも見えなかった。

しかも演奏中は目を閉じているし。

見られてるどころか、

まるで誰もいないかのようであった。笑









緊張、って


「リラックスして、ちゃんと委ねられるかしら!」

「全部お任せして空っぽになれるかしら!」


わたしにとってはそういう事なのだけど

ちゃんとリラックス出来るかしら!って緊張する、なんて

バカみたいである。


思考しちゃ、ダメダメ!!!って

瞑想中に思考を消そうと悶絶する的な本末転倒さがある。


(でもそういうもんだよね、笑)




もちろんそれは、

リラックスして委ねられていないと、

自分の怖れがそのまま音に出てしまう。

そんなの嫌だようー

というカタチをとった恐怖のバリエーションの1つ。

ってことだけれど






私は自由気ままにやってる事ばかりなので、

普段、ほぼプレッシャーの無いぶんだけ、

普段、ゆるゆるのグダグダなぶんだけ、


『コレ、迷惑かけたらアカンやつや』
って思うと

普通の大人の数倍緊張するタイプですし。







だからこそ、すごくいいレッスンなのだなあ。


結局のところやっぱり、

すべては怖れであって、罪を見たいんだよね。

人間は何でもいいからそれを投影せずにいられない。


何をしていても全く等しいのだけど、

わたしにとっては、タオは「これだけは」という特別性を持ってしまっているので

こういうとき、

自我の視点でみると、プレッシャーとか、大きな葛藤になり

だからこそ、聖霊と共に見れば 素晴らしいレッスンになるんだな。




こういう、「特別」って

みんなそれぞれ持っていて

「これだけは別」って葛藤を握りしめると

ああでもこうでも、と悩んでしまう。

思考ループにハマってしまう。 

(それが恋人だったり、子供だったり、お金の問題だったり、
思わず掴みがちなアイテムはそれぞれだけれど、)



でもやっぱり、

外側の原因(と思い込んでいるもの)は単なるハリボテであって

そこに意味は無いんだよなぁ。。。








こうしてレッスンを重ねるごとに、

どんどん理解が深まっていく。

ありがたいなぁ。
















イエス兄さん、あなたに全てをお任せします

どうぞあなたが、全てを仕切って下さい

この不安も苦しさも、全てあなたに捧げます

私には何も解らないので

イエス兄さん、

どうぞあなたが仕切って下さい






習慣になっている赦しの、、、というか
祈りの言葉。なんだけどね。





このとき、演奏前、


初めて、



「案ずるな、妹よ」



っていう 声が、胸に響いてきて




「妹よ。」という言葉に



思わず


嗚咽して泣きそうになった
(危ない危ない!!笑)











友人達が観に来てくれていて。




昨年9月の公演でも感じたけれど、

彼女達はお守りのようだ。

観客席にその姿を見るときに、

見られて緊張する、とは感じない。

失敗しても大丈夫、と感じられる。

だから、お守りのようだ。

なんてありがたいのだろう。

どうか私もそのようでありますようにと、

祈らずにはいられない。




そしてきっと、きっといつかは、

全ての人が、そのように。お守りと感じられる日がくるといいな。

それはきっと怖れが消滅した時であり、

それが真実だろうから。








今回のレッスンも感謝でいっぱい。。


ほんと、すべてに感謝☆
どうもありがとうございました。
^^*












*本文中にある「コース」というのは奇跡講座(ア・コース・イン・ミラクル)のことです
*「赦し」という言葉もコーステキストに出てくるもので、一般的に言う言葉の意味とは違います。
(何処かや誰かや自分に罪がある→それを許す、という意味ではなく、
真実には『罪』そのものが存在し得ない事を思い出し解放していく、
アイデンティティーを自我から真我に移行する、というような意味)

























関連記事
スポンサーサイト
夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

tfc516

Author:tfc516
リアンノン~rhiannon~(旧まるたか商店)の制作日記。制作してないグデグデ日記も。どうぞよろしく。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。