FC2ブログ
ニギニギ・イラスト&カラーセラピー・タオライアー 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いいとこ鳥をカゴに入れて


いいとこどり、

っていうことを、

ツムリ的にはあまりやらない。

単純に、たまたまその発想がなかった、だけなので

いいとこどり、と聞いても

そっかそれもいいよね〜 ぐらいの感じだったけれど

近頃、自分の学びの中で、あぁそうかぁ〜!と実感したので

メモしておきます。





スピリチュアル的な
メソッドとかツールについてのはなし。


斉藤和義と山田孝之とマイケルと、、とか
そういう、いいとこどりの話ではなく。
綾野剛もなかなかどうして、とかそういうんじゃなく。









セッションなどで



あまりにも一生懸命で、

何かご自分で熱心に実践している学びについて、

出来ない自分を責め過ぎてしまう。。という方に

「出来ることから、少しずつでいいと思いますよ〜」

という言い方はするけれど、





「いろんなとこから、

出来ることだけ、やりたいことだけ、

ちょこっとずつ

集めてきたらいいですよ〜」

という、意味ではない。









いいとこどり、というのはきっと



あるメソッドなり ツールについて


ある部分がわからなかったり、

なっとくできなかったり、
(損する気がしたり、でも!だって!が出るとか)


単純にやりたくなかったり、

めんどくさかったり、





でも



ある部分はおもしろそうで、

ワクワクして、

やってみよう!っておもえるから、





そこだけ抜いてちょっと実践してみる。

いいとこだけ取ってみる。



多分「いいとこどり」って

そういう事だと思うのだけど





場合(目指すところや目的、)によっては、

それでもいいとおもうけども、












ある部分がわからなかったり、

(解るように実践し続けよう...とはならなかったり)


むずかしく感じたり、

単純にやりたくなかったり、



これは、

自我が抵抗しているのであって

(メソッドやツールにも今は色んなのがあるから、
もちろん一概には言えないけれど。)




一方で ある部分は

おもしろそうで、

ワクワクして、

やってみよう!っておもえるのも、



時には、

自分の奥深いところで知っている、

本質的な歓びや懐かしさ、を感じて

なぜか解らないけどすごく惹かれる!
って事もあるけれど、

(そういう場合は、抵抗に屈せずやってみたらいいよね、
それこそ、楽しいところからでいいから。)




実は、

自我の許容できる範囲なのであり、

自我が歓びを得られるから♪


っていう

場合もある。よね。。。










自我が歓ぶんだからいいじゃないか〜って、

思う人もいるかもしれないのだが


怖れや不安や葛藤を感じるのは、自我だけである。

思考するのは自我だけであり、悩み苦しむのも自我だけなのだ。

そして、自我は永遠に眠っていたいし、

私たちの本当のパワフルさや光、そこに気づかれちゃ困る!!
と思っている。


だから、感じたそれは、自我の歓びであって

聖霊(ガイドでも守護天使でも)の導きや直感!とは実は違〜う。

って事も、あり得るってこと。



「個」である自分が、なにかしら「特別な自分」だと感じられること、

「力は外にある。自分の中には無い。という信念を強化出来ること」

「コレがあれば、コレをすれば、目の前のアレが何とかなるのね!」というワクワク。

「自分の内側の怖れや不安をちょっとだけ見ること、

でも決して本当には見なくて済むこと」

そういうのが、自我は好き。。








だとすると、
1つのメソッド全体を見た時、


抵抗が出て「いいとこどり」の「いいとこ」に入らずに

カットされた部分こそ、実はヒツヨウだった


ということもありうる。



「いいとこどり」で集めたメソッドの切れ端たちが

全部、自我が歓ぶものだったら、、



それはつまり

「目醒めちゃダメ〜!」という、

自我の存続システムの流れに、素直に乗っているってことなので



きっとあまり平安は得られないとおもうけど、どうなんだろう。

(自我が私たちに与える歓びは、常にジェットコースター型だから)






「やってるわたし」感に自我は歓ぶ
かもしれないけれど、

いつまでたっても

「なぜ、なんの為にこれをするのか、それがわかった!」
とならないとしたら、

何かがちがうんだな〜、って思ってみてもいい気がする。

(なんの為になぜこのメソッドをするか、がわかるようになるということは、

自分で応用出来るようになるので、アレコレたくさん試す必要を感じなくなる。)




いいとこだけ、

バイキングみたいにちょっとずつ。。というのは、





(むしろジプシーの量産につながっているきがする。

そしてそれを容認しているというか

それ前提でのビジネスも多いなとかんじる。)





もちろん、すべての場合に当てはまるとは言えないし、

今は玉石混合、ビックリするほど色んなものがあるから、

いろいろだろうけどね。



どんな場合でも共通して言えることは、

どんなものであっても

力はメソッドではなく自分の内にあるのだから、


じっさいにそのメソッドをするかどうか?という事よりも、

抵抗を発見したら、それをよく見て、手放す機会にすればいい。

それはきっと「いいとこどり」するより、意味がある。


ってとこかなぁ。












とか、、、、、、


一応、メモってみるものの。


けっきょくのところ、いつもと同じく


それはそれで、かまわんよ。なー^^


って、笑




そもそも、全ては完結したシナリオなので

何をどうしようと意味はなく、

自我と見るか聖霊と見るかの2択だけ。。。

って そもそもな話で終わってしまうってのもあるけど


もし、

聖霊と見るならば、

本当に、みんな完全に導かれているんだよなあ、ってつくづく思うから

ぜんぜんモウマンタイ
なのだった


無 問 題









なのに
どうして書いておくかというと
当然ツムリのため。笑


コースこそ、

「自我のいいとこ取り」しやすい教えは無いからで〜〜

イエス自身、コースで口をすっぱくしてそう言ってる

(イエスが口をすっぱくしてるかどうかは。。)





実際ちょっと油断すると、

自我がいいように曲解してた!って事があったし。

今でも、全然余裕でバリバリ自我そのもの!だから、

時々「ぎゃっ!やられたっ!」ってなるし。笑


それでも、少しずつ、

ああ、そうかぁ。こういう仕組みになっとるんだなぁ。

って解ってきたら

「いいとこどり」も、

(自我からしたら)上手く出来た仕組みなんだあー!!!って、

うまーく目醒めの遠回りさせるなぁー!!!って、

しみじみ おもって。

だから自分の為にメモでした。




















何をするか、しないか、は

問題ではありません

大切なのはただひとつ

その葛藤から手を放すことです

手を放しゆだねて

私に任せて

耳を澄ませて

そうした後は

何をしてもいい、どちらでもいいから

ハートは私とここにいて

私の手を離さないでいなさい


hs




関連記事
スポンサーサイト
夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

tfc516

Author:tfc516
リアンノン~rhiannon~(旧まるたか商店)の制作日記。制作してないグデグデ日記も。どうぞよろしく。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。