FC2ブログ
ニギニギ・イラスト&カラーセラピー・タオライアー 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それは「起きてなかった」
acimびぼ。

((((((長文びぼです)))))))








変な時間に、

倒れるように 眠ってしまっていて

さっき 目が覚めた。

ふとんの中で、ぼーっとしてたら

とつぜん、フラッシュバックみたいに

思い出したことがあった。




何年も前、

ある選択をした。

説明を書くと長くなり過ぎるので省くけど、

とても重大な、大きな選択。



当時の、友達とのメールのやり取りや、

そのメールを読んで

涙してた時に見えていた景色、感覚まで

鮮明に思い出されてきた。



わたしは絶望感でいっぱいで、

あることを決めた。

友達は、反対意見だった。

わたしも、間違ってるんではないだろうか。。。

という罪悪感がありながらの決断。




それを、思い出したら、


物凄い喪失感と やっちまった感

取り返しのつかない感、本当にはんぱない恐怖で

体の真ん中にドゴオッと大きな穴があいたみたいで

呆然として 胸がダクダク、体もふるえてきた。


寝室の扉がうすく開いていて

そこからもれる廊下の明かりをボーッと眺めながら

あのとき、あんなことしなければ、

今頃はまったく違う生活してたんだろうな、、、、、

そう思うと

後悔のあまり叫び出しそう



胸の内は嵐のようで

頭の中では記憶の再生が続いていた。

細かいところまで思い出されてく。




ああ。こんなに大変なこと

どうして今まで忘れていられたんだろう


だけど、

肝心の場面がよく思い出せない。

あまりにショックで記憶から抜けたのかな。。



でも この苦しみも、
ゆるしをするだけなんだな。。



叫びそうになりながらも

コースの導く「決断の主体」まで戻って

「自我」ではなく「聖霊」を選択する。



最近は、「決断の主体」まで戻ると

そこにでっかいレバーがあって、

「自我」に倒れてたレバーを「聖霊」側へガッチャンとたおして

聖霊に大放出しながら明け渡し。。というやり方なので ^^;


このときばかりはもう、全身全霊を込めて

ものすごい集中してゆるしをした。

レバーを倒すときに、実際に右腕を動かしていて

力を込めた腕の筋肉が痛かった。




すると そのあと



くまさんの

「あんた寝てるの〜!?どんだけ眠るの、、」

という 声が聴こえて



目が覚めた

目が覚めた。。?

戻ってきた。。???






心臓はまだバクバクしていて

体もガクガクふるえてて

腕も たしかに痛い




でも、


え。。?夢。。?



そう思ったしゅんかん、

爆発的に感謝が沸いてきた。

さっきまで脳裏に再現されてた

悲しい記憶の数々が、ぜんぶ噓だなんて。。!?

とても信じられない。

そして 信じられないぐらい嬉しい。




『やってなかった』

『何も起きてなかった』

『夢だったんだ。。?』




まだ混乱したまま


起き上がろうとした、その瞬間

思い出した。




わたしは、

ついさっきまで思い出していたのと、

シチュエーションは違うけれども

同じ「間違った(と思った)」行動を

はるかむかーし、してた。

まだ若い、子供っていえるぐらいの昔。


はるかむかし過ぎて

思い出すことも胸が痛むことも今は無くって

その件に関しては癒しが済んだと思ってたっぽい、

そういう事実が、確かにあった。









。。。。。あったのかな。。????







それとも


これも、夢の中かな、、、、?





やばい。現実感がどこにもない。

ベッドから足をおろして

床をふんで、歩いているときも

これも、目が醒めたら消える」

そのことが 理屈じゃなく明確であり過ぎて

あぁ、、たしかにこれならば、

怖いことなんて何もないのだ

(神、源という概念と、そこへの信頼があれば。それがなければ、
明け渡しゆだねる先がない。
今日のこの経験も、似たような事は過去にもあって、その時は
『!?起きても起きても夢!?いつまで夢の中にいたら終わるの!?』と
安堵とは逆の、恐怖や虚無を感じて 感謝どころじゃなかった〜)






お風呂に入って

改めて、

「ここの世界」で実際にわたしが「やっちまった」

その事について

思い出してみたけれど




ただ

「そゆこと起きたな」というだけで

後悔とか罪悪感とか悲しいとか なんにも無かった。

もしあの時に戻ったとしても、同じことをするだろう。

それはただ、決まっとった事なのだ。






残念ながら こういう時もいつもそうであるよーに

現実感は 秒単位で日常の中に復活していく

忘れないように、こうして書いてるだけ、以前よりはいいか〜 ^^;




「ほらね」「無いでしょ」

って 聖霊が見せてくれたのだなー

感謝だなー。。



あの
「やっちまった感」の、はんぱないリアル恐怖。

分離を選んだ自我の罪悪感、やっちまった感、

神から離れて世界作ってもーた感、

「なんだ夢か良かった」も象徴的だし。。

なんかすごい。






同時に、

「むかーし、やっちまった件」について

赦しの機会をくれたのだろうな。

あの、腕の筋肉が痛むほど硬いレバーを倒していたのは

この事を赦すためもあったんじゃないかな。





そして、書きながらフト今思いついたのは

ひょっとして、

さっき、ボーッとしたまま辿っていた記憶の、

そういう出来事が、実際にあった世界が存在してて

そっちの世界で「全身全霊でのゆるし」をした結果、

取り消されて、

ここの世界にパッと 

さっき現れた

。。。ってことは、無いだろーか。。。



まぁ、
何も「実際に」は起きてないんだから

「実際にあった世界」自体がいくつあってもどれも夢ってことで

どっちでもいいことなのだろうけど。。

脳の回路もつれるわ!←SF小説が苦手なタイプ。笑



関連記事
スポンサーサイト
夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

tfc516

Author:tfc516
リアンノン~rhiannon~(旧まるたか商店)の制作日記。制作してないグデグデ日記も。どうぞよろしく。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。