FC2ブログ
ニギニギ・イラスト&カラーセラピー・タオライアー 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘナジン。


「イマジン」
みたいに言ってみた。



hqdefault_convert_20150702140911.jpg








ヘナジンになってから

気づけばかるく5年以上?は経っていて




先日、

やっと行けた美容院

予約もせず

通りすがりに無理矢理カットしてもらったお店で




「おうおう、みどり色に染めてくんな。」




って 

グイグイお願いしてみたのだけど


案の定、非常に難しいですお客さま、と

震える声で言われてしまった。





ヘナジンは髪を染めることも

パーマをかけることも

二度と叶わぬ夢
なんでR



いやどうだろう、ちょっと数回ヘナった事ある、ぐらいなら

イケルのかもしれないです。

きっとイケル気がする。




でも

ツムリヘッドはもう、

筋金入りの、ヘナ密度ギッチギチのヘナジン。。。





だいぶ前にも一度、

「おうおう」とせまって

前髪のサイド(それは横髪か!)ひとふさだけ、

ブリーチしてみてもらった事があるんだけど


待てど暮らせど


だいぶ待ったし暮らしたけれど


ぜーんぜん、色が抜けず

せいぜい「茶髪かな。」ぐらいで

それではグリーンとかピンクとかいれても無意味なので

けっきょく、

「ここだけヘナの色がよく出てるね!」

という、仕上がりに甘んじていました。








ミナミノトモのインコヘアーが可愛くて

まねっこするね!!って言ってたのに。。。



気分的に14歳の今、

なんならオキシドールかぶって

盗んだバイクで走り出してもいい、って思っているのに。。。





ざんねーん。




























ヘナというのは

傷んだ髪ほどよく染まる、つまり

スカスカした髪に入り込んで

そしてケアしてくわけで

(全然、痛みもしろ毛も無い人にとっては染色ではなくトリートメント、マニキュア効果)



最初、使い始めは

髪にくっついてるケミカル成分を

引っぱがして ヘナが入ってく。

たぶんこれが、

人によっては「ヘナショック」といわれる一時的に髪の状態が悪化する理由ですが



使い続けてくとヘナジンとなって、

髪の毛は元気になるし、

頭皮にもいい。

(頭皮からいろいろ吸収しちゃうので

ケミカルシャンプーや毛染めは体に、特に子宮には良く無いのだそうですよ娘さん。)

頭につけるものを見直してみる、という事をしてみるのも、

体調改善に悩んでいる人にはおススメだと思う。









わたしは、

今ではシャンプーは普通のもので^^;

とりあえずOリングで良かったのを買う事は続けてますが

普通のシャンプーではなく、

インドハーブで洗髪&ヘナしてた時は、

確かにものすごく頭が(氣も)軽かった。
ように思う。よ。







でもさぁ、
ずうーーーーーーーっとそれ続けてると、

ケミカルが本当に!ダメ!になっちゃうんだよね。。。

町を歩いてても匂いで具合悪くなるし、

整髪料も何使っていいか解らんくなるし、

美容院で洗髪されるだけで気持ち悪くなるし

いちばん「どうなんだろう」って思ったのは、


「せっかくクリア、素髪!なのに、ケミカル成分が入ると
もったいない気がする、汚れる気がする

という、心理が、どうなんだろ、って思って。

う〜〜っすらだけども、そういう心理が確かに動いた時代があった。



いろいろ、もちろん、
そういったこと気をつける必要がある体質や病気の場合はともかく。


わたしなんて もともと(ありがたいことに、)なーーんも気にしないで生きていて

シャンプー容器の「ボンゲラボンボン」っていう音がうるさい、という理由でハーブ粉で洗ったり

もっと気持ちいいのないかな〜ってだけでヘナにしただけ、のくせに

だんだん目的がずれてる!!というか。


気持ちいいのが好きだ、ってだけなのに、

「気持ち悪くてイヤ!」
の方がどんどんクローズアップされてくるなら本末転倒だ。

町で香る匂いを相手にイラッときたり、

んもうっ!こんな匂いしなければいいのに! とかね。

ちょっとおもしろい。全然イマジンってない。。
ジョンもがっかり。笑
TKY201012060098_convert_20150702140930.jpg



やっぱり、最終的には

「なんだって大丈夫」になるのが、

一番健全な気がする。



そのうえで、
きもちいー♪を選択する(遊ぶ)のが、いちばんいいかな。


もっともコレは、

当時の、私の 内側の問題 であって、
ヘナとかケミカルとかは1つの象徴でしかないですね(笑
 ↑
(あと、そんだけのデトックスが必要な時期でもあったのだろうな、ともいえて
だからやっぱり、すべてちゃんと導かれてるのでオールOKですね。
ケミカル怨!!とか叫んでたって、モウマンタイだね。笑)













おお話が横穴に入ってしまった
















ヘナというハーブはもともと

浄化.解毒作用とか魔除けとか

そういう目的で使われていたそうで

ヘナタトゥーも薬効とおまじない要素が本来の目的、




という、ぐらいなので


質もすごく大事


よく勘違いしている人が多いのは

美容院や、ドラッグストアによく売ってる「ヘナ入り」って書いてあるのは、

ヘナすることとまるで違うので

「ヘナが入ってるから、普通の毛染めよりは体にいいでしょ♪」

というのは、たぶん勘違いです。



ツムリさんも美容院で


「ヘナジンです」


と言ったら

「何色で染めたんですか?」と聞かれて 驚いたのですが

ヘナ染めに「何色にする?」という選択肢はありません。

ヘナ色にしかなりません。

インディゴを混ぜて、青み(黒み)を調整するだけが可能です。

ヘナのオレンジが嫌な場合に、インディゴの葉を混ぜます。



わたしはインディゴ混ぜると

数日後に必ず顔が痒くなるので

ヘナジンなのです。





ヘナをずっと使っていると

波動が変わる云々、ヘナってる人は頭んとこのオーラが光る、もよく聞く話ですが

そのへんはまったくわかりません。笑






前述のとおり わたしがヘナにしたのは

ヘアカラーしてて

美容院で倒れそうになって以来、

自宅でクマさんに染めてもらうようになり

そのうち、それも匂いがダメになり〜なので

仕方なくヘナにしたので

(なぜかヘナにしたら染めてくれないクマさん。。)

あんまり、体にいいとか考えてないのですが

でも、ストレスないどころかセラピー効果が高い!!

素晴らし過ぎる!!

と大感動して使い続けるようになったのです。おススメです。

(今はるーちん化しててめんどいけど!^^)








それに
ヘナジン化した今、


ブリーチして髪に色を入れる、というよこしまなことを

思いつくってことは

それだけ、元気になったということなので

やっぱり健康にも一役かっているのかもしれません。




そして

継続的、習慣的にヘナるヘナジンは

パーマも、ヘアカラーも、

出来なくなるという噂は本当のようです。


ブリーチを、自宅で可能な限り眺めにおいたら、

どこまで色が抜けるんだろうか!

という実験をそのうち やってみるので(←あきらめない)

結果報告を待つが良いです。


(ヘナしたくて、ブリーチしたい、って人はそんなにいないでしょうが
張り切って結果発表します!)










もう7月。
まっとうな意見としては、
ブリーチするぜと叫ぶより、髪と頭皮の紫外線対策にハゲみましょう。
きっとその方が良いでしょう。

あなたにもわたしにも、素敵な夏がやってきますように!









関連記事
スポンサーサイト
夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

tfc516

Author:tfc516
リアンノン~rhiannon~(旧まるたか商店)の制作日記。制作してないグデグデ日記も。どうぞよろしく。

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。